· 

摩多羅神曼荼羅図

中尊は胎蔵界曼荼羅にある大黒天の図ですが、周りに童子の画が描かれています。

 

川村湊氏の「牛頭天王と消された異神たち 蘇民将来伝説」によると安楽騒動で天台宗が否定した摩多羅神(またらじん)を再度正当化するために、仏教の正当な神である七母女天(摩多利神)と同じとされたようです。
下の中央は、七母女天なのかもしれません。
このことから、この図は天台宗の安楽騒動以降の作品だと思います。

 

民俗学伝承ひろいあげ辞典の資料に、この図にある八天女を七母女天(摩怛利神)・梵天女とし、摩多羅神を摩怛利神として供養する摩怛利神法が修法された。とあります。

 

なにか無理にこじつけたような気がします。